生活改善アプローチ
ホーム > 生活改善アプローチ > コスタリカ草の根技協生活改善モデル事業報告「プラ・ビダ」No.18号

コスタリカ草の根技協生活改善モデル事業報告「プラ・ビダ」No.18号

小林沙羅現地調整員/ファシリテーターの後任として2月から活動を開始した宮崎雅之のプラ・ビダ第一作です。プラ・ビダ第18号としてお届けします。小林研究員とは一味違った作風?お楽しみください。プロジェクトも2年目に入りました。個人・家庭の生活改善活動からグループ活動へとプロジェクトは深化していきます。

このページの先頭へ戻る