生活改善アプローチ
ホーム > 生活改善アプローチ > コスタリカ草の根技協生活改善モデル事業報告「プラ・ビダ」No.20号

コスタリカ草の根技協生活改善モデル事業報告「プラ・ビダ」No.20号

コスタリカ国では、農牧省(MAG)が2014年から2018年までの計画で、全国レベルの生活改善アプローチ実証プロジェクト実施しています。本草の根技術協力はこの農牧省を協力機関としており、オロティナ市の活動も、実証プロジェクトの一地域として位置づけられています。一方、オロティナ市での活動は全国他7地域の活動に先行しており、本草の根協力のタイトルにある、正にモデル事業の性格を持っています。モデル地域として他地域、また、他国からの視察が多くなってきました。視察団の概要、そして先のモニタリング調査団提言のフォローアップとしての合同調整員会の設置、プロジェクト計画書(PDM)のバージョン 1.0の策定について本プラ・ビダ20号で報告します。

このページの先頭へ戻る